トラス橋の長所と短所

トラス橋の長所と短所

リンク要素が三角形の単位を作成する上部構造を持つ橋は、トラス橋として知られています。 これは、今日の世界で見つける橋の最も古い種類の一つであり、彼らはまだ最先端の技術と考えられています。 簡単な様式は19世紀以来分析され、このタイプの橋に張力および圧縮を他の設計よりもっと取る独特な機能がある。 彼らは動作するように設計された橋です。 ここに新しいトラス橋の構造と考慮するべきある賛否両論はある。

トラス橋の長所

1. 彼らは軽いかもしれませんが、彼らはまた強いです。
トラス橋は、それらを非常に効果的に作成するために必要な材料を利用しています。 これはそれらを造ること非常に経済的にさせるが橋の地面で妥協しない。 それが小さい材木を使用するので、トラスは構造の重要部分の隆起部分の三角形のおかげで非常に強いである。

2. それらは事実上どこでも使用することができる。
このタイプの橋が適切に設置されるための適切な環境を作るためには、あまり努力しません。 トラス橋は最初に橋を置くことは不可能であるように見えるかもしれない場所で交通の重い量を握ることができる強いスパンを提供できる。

3. 道路は橋自体に置くことができます。
トラス橋は、橋自体に路盤を置くことができる唯一のタイプの橋です。 デッキの房を持っていることは交通機関の選択が、柵を含んで、スパンを交差させるために安定したポイントを提供するまっすぐに置かれるように

トラス橋の短所

1. 彼らは多くのスペースを占有します。
トラス橋は、他のタイプの橋と比較して追加のスペースを必要とします。 これはある特定の区域が橋のこの新型を収容するために既存の構造を調節する必要がある場合もあることを意味する。

2. 彼らは維持するのが難しいです。
これらの橋は、使用される材料の量のために多くの維持費を必要とします。 余分な材料は橋に多くの強さを与えますが、橋を機能的に保つために材料と労力に多くのお金を要しました。 加えられた材料はまたある特定のコミュニティのために手に負えないかもしれない橋取付けのためのより高い費用に最初に貸す。

3. 効率的な設計が必要です。
トラス橋の目的は、時間の経過とともにスパンの重さを支えるすべてのトラスを持つことです。 設計が適切に管理されていない場合は、効果的に何もしないが、見栄えが良いように、ゼロ圧力メンバーを持ついくつかのトラスがある可能性があります。

トラス橋は非常に強く、非常に耐久性があるので、適切に維持されているときに数年間使用することができます。 彼らはまた、彼らがインストールすることができます橋の最も高価なタイプと考えられています。 これらの橋の長所と短所を知ることによって、各コミュニティは、これが彼らのニーズを満たすために適切な橋のタイプであるかどうかを決定す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。