フランスの詩”Heureux Qui Comme Ulysse”de Joachim du Bellay

16世紀に作成されたこの古典的なフランスの詩は、中世フランス語で書かれています。 建設と語彙が説明されたら、それはフランスの初心者のためにも、簡単な詩です。

1 – Joachim du Bellayによるフランス語の詩「Heureux Qui Comme Ulysse」-フランス語

Heureux qui,comme Ulysse,a fait un beau voyage,
ou comme cestuy-là qui conquit la toison,
Et puis est revenu,plein d’usage et raison,
Vivre entre ses parents le reste de son âge!

いつ、悲しいかな、私の小さな村
から煙突が再び喫煙しているのを見るのだろうか、そしてどの季節に
私の貧しい家の壁、私にとって州である
などを見るのだろうか?

私の祖先が建てた滞在が好きです。
ローマの宮殿よりも大胆な正面、
硬い大理石よりも私は細かいスレートが好きです。

ラテン語のテヴェレよりも私のガリアのヤマネ、
パラティーヌの丘よりも私の小さなリリー、
海の空気よりもAngevinの暗闇が好きです。

Joachim du Bellay,The Regrets,sonnet XXXI,1558.

この非常に有名なフランスの詩は二度読まれています(enunciatedと自然な録音)+簡単なフランス語の語彙の詳細な説明+詩の分析+著者の人生+私のオーディオブック”簡単なフランスの詩”の英語翻訳とトランスクリプト。

中級&以上フランス語詩

5.00(27件のレビュー)

US2 24.99US US19.99

2 – フランス語の詩”Heureux Qui Comme Ulysse”de Joachim du Bellay–英訳

ユリシーズが好きな彼が戻ってきたのは幸せですか?彼の旅行から成功した、
または彼のような?誰が黄金のフリースを求め、
はその後、戻ってきたのだろうか?世界に賢い
彼の年齢の終わりまで彼の家族の中で生きる!

私の愛する村の
煙突の煙、そしてどの季節に、もう一度見ましょうか?
私にとっては、ここで描くよりもはるかに多くの小さな、控えめな地球のプロット
を再び見ることができますか?

私は私の祖先の家にはるかに描かれています,
ローマの宮殿よりも罰金と誇りに思っています,
硬い大理石よりも私は細かいスレートを好みます:

私のガ?

Joachim du Bellay,Les Regrets,sonnet XXXI,1558.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。