長所と短所:法律学校に行くパラリーガル

長所:

  • 弁護士としての収入の可能性が高まる
  • 職務経験によるロースクールでの成績が上がる可能性が高まる

短所:

  • 大きな学生ローンの負債
  • 研究に費やされた雇用市場から数年

ロースクールに行くというあなたの決定に関する他の長所と短所は、その特定の決定
しかし、とにかくロースクールに行くことにしたら、時期尚早に周りに言葉を広めない方が良いです。 まず、ほとんどの法律学校で入学のために考慮されるための基礎である良いLSATとGPAのスコアを、得ます。
あなたが実際にあなたのキャリアの中であなたのパラリーガルの仕事の経験を使用することができますJDのために行く機会を得る場合は、弁護士 資産として代理人の役割で受け取るには十分に開いている代理人が付いている接触を確立し、維持しなさい。 トップロースクールの専門的な意味は、より良い学習につながり、より重要なのは、履歴書にインスタントネットワークとブランド。 上の法律学校を結合するチャンスを得なければまだあなた自身の努力によって学習の部分で構成できパラリーガルとしてあなたの生命からの接触のネットワークを確立し、維持することによって即刻ネットワークの部分を補う。 それは、パラリーガルとして、J.D.
を得るために法律学校に行くことを選べばあなたが持っている本当の利点であるまたちょうどパラリーガルであることが上の法律学校で端を与えないかもしれないが多くの中間レベルの法律学校で彼らは法的キャリアにあなたの責任の確認としてあなたのパラリーガルの仕事経験を見ようとしていることを心に留めておきなさい。 あなたが労働市場にいて、法的環境で働いていたという事実は、あなたがオフィス環境で生き残るために十分な社会的相互作用のスキルを持っていることを証明するでしょう、そしてあなたはJdの後に生き残るために大きなチャンスを持っているでしょう。今日のすべてのロースクールは、彼らが取っている候補者が自分で仕事を見つけて得るための基本的なスキルを持っていることを確認したいと考えています。 これは、より良い雇用統計をスポーツ法科大学院の可能性を増加させ、非常にわずかに同様のLSATとGPAのスコアを持っている別の候補者との入学時にタイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。